日焼けやホクロの上から脱毛して良いのか

日焼けやホクロの上から脱毛して良いのか

夏に近い季節になると女性は露出が多い服装になりますので、露出している部分を誰かに見られる機会が増えてきますが、見える部分に無駄毛がたくさん生えていると見られたときに恥ずかしい思いをします。

それに露出している部分は紫外線を浴びてしまいますので、日焼けしてしまうのですが、日焼けは肌のトラブルになりやすいですし、日焼けしてしまうと無駄毛の処理ができなくなってしまうこともあるのです。

紫外線を浴びて日焼けをしてしまうと、皮膚に赤みが出ますしヒリヒリすることがあるのですが、このような肌の状態のときは、肌が軽いヤケドを起こしている状態になりますので、脱毛しないほうが良いのです。
また赤みが出ているときに脱毛してしまいますと、更に大きなダメージを肌に与えてしまいますし、色素沈着を引き起こしてしまい、シミが消えなくなってしまうことがあるため、日焼けをしたら注意してください。

 

そして日焼けをしてしまうとサロンやクリニックで施術を受けられなくなり、レーザー器やフラッシュ器は日焼けした肌に使用できないことになっていますし、施術の効果が薄れてしまうこともあるからです。

レーザーやフラッシュはメラニン色素の沈着のような黒色に反応してしまいますので、無駄毛にだけ反応するはずが無駄毛の無い黒い肌に反応して照射してしまいますと、無駄にダメージを与えてしまいます。

そうなると肌のトラブルに繋がってしまい、脱毛の効果が薄くなってしまいますし、無駄毛が無い分だけ大きなダメージを与え、ヤケドしてしまうこともありますので、少しでも赤みがあるときは避けましょう。

 

それとホクロの上からレーザーを当てるのも危険とされており、ホクロのように黒のコントラストがはっきしていると、ヤケドをする危険性が高くなっていますので、レーザーを当てるのは止めておいてください。

またホクロから無駄毛が生えていることがありますが、ホクロに無駄毛は数本しか生えていませんので、毛抜きやカミソリなどで処理すれば十分なので、これくらいは自己処理するようにしましょう。

それにホクロだけではなく、シミや傷痕などにもレーザーを当てるのは良くないとされており、シミや傷痕がヤケドによって広がってしまう恐れがあるからです。
このように日焼けをしたときに脱毛するのは良くありませんし、ホクロの上から照射するのも良くありませんので、日焼けをしたときは少し我慢してから処理するようにし、ホクロの無駄毛自己処理しましょう。

目指せ!!無駄毛ゼロ♪

夏になる度に悩みの種になるのが
手・足・脇のワキ毛…

 

夏場は夜お風呂に入っている時に
無駄毛を剃る様のシェービングで
スネなどを処理するのですが…

 

つい深剃りをしてしまい、
肌はヒリヒリ、赤くなり、
結局肌を出せないことも
しばしば。

 

逆に浅く剃ると
次の日にはすでにチクチク…

 

本当に嫌ですね!!

 

脱毛クリームや、
毛抜きでの脱毛、
脱毛器での脱毛、
とにかく色々試してみたりしました。

 

脱毛クリームは、
あまり肌は痛めないけれど、
埋もれた部分には効かず。

 

脱毛器は、とにかく痛い!!
ギュイーーーンと音がうるさい。
何とか痛みをこらえ、
腫れが引いた一時期だけ
肌はツルツルになるのですが、
毛が生え始めると今度は
埋もれ毛三昧…。

 

そして、毛抜きで埋もれ毛を
皮膚を破って無理やり処理を
最後した日には
もうプツプツ三昧。

 

大した対策をしてこないまま、
とうとうまた夏がやってきてしまいました。

 

やはり、肌へのダメージが少なく、
その後の心配が一番ないのは
間違いなく永久脱毛なんでしょうね。

 

今年はもう間に合わなかったので、
ロングスカートで乗りきるつもりですが、
是非とも来年こそは!!

 

シェービング処理をしたときは
しっかり保湿を忘れずに。

 

秋冬の間にじっくりかけて
永久脱毛をチャレンジしてみたいと思います。