生理中でも脱毛して良いのか

生理中でも脱毛して良いのか

女性が無駄毛を処理する方法は何種類かあり、自己処理の方法には、毛抜き・カミソリ・クリーム・ワックス・シール・家庭用脱毛器などを使用して自己処理しているときに、トラブルになった事はありませんか?
こうしたものを使用して肌のトラブルになるのは、何かしらの原因があるからですが、その原因のひとつとして生理があり、生理中に無駄毛の脱毛をすることで肌のトラブルが通常よりも起こりやすくなります。

女性にしかない生理ですが、生理中は肌が敏感になりやすく、ニキビや肌荒れに悩まされることがありますし、乾燥してしまうこともあり、お腹が痛くなるなどの体調不良になってしまうこともあるでしょう。

生理中にはこうした肌の問題が発生しますので、トラブルを起こさないためにも肌を休ませてあげるのが良いですし、トラブルを起こしてストレスを感じないためにも、生理中の脱毛は避けたほうが良いでしょう。

 

また生理中は医学的に見て脱毛は可能とされていますが、生理中の症状は個人差がありますので、生理中に痛みを感じやすい女性や炎症が起こりやすい女性は、医学的見地に関係無く処理を避けましょう。
それと生理中に無駄毛の処理をすることによって、生理中でないときでもトラブルが起きやすい肌になってしまうことがあり、赤みが出やすくなることや敏感肌になってしまうことがあるのです。
そしてサロンや美容外科クリニックのほとんどでは、生理中に施術を受けることはできなくなっており、特に性器周辺のVラインやIラインは、経血が処理した部位に入ってトラブルを起こす可能性が高いからです。
それに生理中の女性や施術を行っているスタッフも、経血が出ているときに処理するのは気持ちが良いことではありませんので、生理がきていないときまで我慢してから利用するようにしてください。

 

しかしサロンやクリニックによっては、デリケートゾーン以外の部位の施術は行っていることがあり、機器の出力を下げて施術を行っているため、肌のトラブルになりにくいからです。

このように生理中は無駄毛の処理が条件によって可能となることもありますが、肌のトラブルが起きてシミになってしまうこともありますので、サロンや自己処理どちらの方法でもなるべく避けるようにしましょう。
また生理中はすごく不快なときで、ストレスを感じやすいですし溜まりやすいので、できれば生理中はストレスを感じやすくなるような行為は避け、心も肌も休ませるように心がけてください。